三重苦の髪と私のこれまでの奮闘記

投稿者: | 30/09/2020

私の髪は「多い」「かたい」「くせ毛」という
まさに三重苦。

この髪のおかげで子供のころ
どれほど悲しい思いをしたかわかりません。

ファーサ育毛剤の口コミ体験!

まだ今ほど美容技術が発達していなかった
昭和の時代、私は小学生でした

ロングヘアがとてもきれいな同級生に憧れ
髪を伸ばしてみたものの
くせ毛と量が多い髪がネックとなり
いつも爆発したような髪型になってしまいます。

しぶしぶショートカットに戻したものの
サラサラと風になびくきれいな髪に
憧れがつのる日々でした。

中学生になると「くせ毛が治るシャンプー」
という商品を見つけ試してはみたものの
いっこうに変わることなく・・・

そしてそんな私の悩みが
とうとう解決できる日がきました。

高校生になったころには行きつけの美容室で
「縮毛矯正っていうのがあるんだけど
どう?」
と美容師さんにすすめられました。

手渡されたサンプル写真には
私よりもボサボサとした髪型の女性が
見違えるようなサラサラヘアになっているのです!

高校生のおこづかいにしては痛い出費ですが
でもこれは絶対やってみたい!
そう強く思ったのです。

毎朝セミロングの髪を
アレンジしてくせ毛をごまかしたり
おろすときはブローに時間をかけ
なんとも大仕事です。

これでやっとこの苦労から解放される!
そう思ってワクワクしながら
美容室に足を運び、念願のサラサラヘアを
手に入れることができました!

あまりのまっすぐな髪に
今までとは違った若干の違和感はありましたが
もう早起きして奮闘することもありません。

その後、大学生になりまっすぐな髪に飽きると
パーマをあてることもあったり
またくせ毛を生かしたカット
なんていうものもしてみたり。

発達した美容技術やヘアケア商品のおかげで
私のような髪質でもいろいろな髪型も楽しめる
そんな素敵な時代になっていったのです。

月日が流れ40代になった今でも三重苦の髪は健在です。
とはいえ昔より少し髪がやせてきて
柔らかくなったかな?という感じではありますが。

ただ髪型によっては、特にボブヘアにするとき
軽く縮毛矯正をすることもあります。

先日美容師さんに
「もうこの髪には長いこと悩まされていて」
と話したところ
「でも多くてしっかりした髪質なのでお若く見えます。
私はいいと思いますよ。」
と言ってもらえ、ちょっとうれしかったのです。

長い間の私の三重苦。

40を過ぎた今でもやっぱりお手入れは大変です。
でも少し自慢の髪になりつつあるような
そんな気もしてきました。