小さい頃からの髪の悩みと現在の髪に至るまで

投稿者: | 10/05/2020

私は、生まれは小さかったのですが、髪の毛はフッサフサだったようです。MEDULLA(メデュラ)シャンプー
私が小学校の低学年の頃は、友達が三つ編みをしていて、それがとてもかわいくて羨ましくて、母に「私も三つ編みにして学校に行きたい」とお願いをしました。

母が「終わったよ~、すごくかわいいよ」と言われたので、ニヤニヤしながら鏡を見たのですが、私は「全然かわいくない(怒)、Aちゃんと全然違う」と半ベソをかいていたのを、いまだに覚えています。なぜ、Aちゃんと全然違ったのかというと、しめ縄のような太い三つ編みになっていて、それがとても悲しかったのです。Aちゃんは細い三つ編みだったので、とても羨ましくて…。

私はそれ以来、三つ編みをすることはありませんでした。

そして高学年から、高1まではボブカットにしていましたが、ヘルメットをかぶっているような感じになってしまっていたので、その頃からかなりの量の髪の毛を美容院ですいてもらっていました。

時は過ぎ、結婚後、子供を出産した後には、以前よりものすごく、これはもう「縮毛矯正しかない!」と思い、美容院に行きました。

縮毛矯正は3時間も掛かりましたが、髪の毛がまっすぐになり、ボリュームが改善されて気分が上がりました。私は、もっと早くに縮毛矯正をすれば、悩みはとっくに改善されたのにと悔やみましたが結果オーライです。

ですが、縮毛矯正をした7ヵ月後には、ボリュームが出てきてしまったのです。

だんだんと修習がつかなくなり、また美容院で縮毛矯正をしてスッキリ。

私はカラーリングを30年間、縮毛矯正は20年間と交互に繰り返しています。

私の髪の毛は、かわいそうなくらい痛み続けていますが、今でもカラーリングと縮毛矯正はやめられません。お金はかかりますが…

私は、いつも行っている美容院で20年間、同じスタイリストの鈴木さんという方を指名しています。そのスタイリストはEXILEのボーカルTAKAHIROを少しぽっちゃり目にしたような感じの人で、私の髪質を一番理解してくれているので、とても安心感があります。鈴木さんとは長年の付き合いなのですが、毎回「髪の毛多いよね、少し減ってくれると時短にもなるし、液代も安く済むんだけど…。」と言われてしまいます。そこで、最後のドライヤーをかける時には、2人がかりで髪を乾かされるので、やっぱり私は髪の毛は年齢を重ねても多いままだと、受け入れるしかないのです。