上体上げ下げより断然効く!腹筋ローラーの効果的使用法とは

投稿者: | 12/04/2020

腹筋運動といえば仰向けになって体の上半身上げ下げするシットアップが一般的に知られていますが、実はあの運動だけでは腹筋に効かせることは出来ないのです。あれは腸腰筋と言われる骨盤と足をつなぐ筋肉を主に使うからです。そこで腹筋を鍛えたい人に超おすすめなエクササイズが腹筋ローラーです。アブローラーという器具を使って行う運動で、場所も取らず誰でも出来ます。

http://www.hellodevincastro.com/

アブローラーとは一輪の小さなゴムタイヤの様なものを1本のバーに取り付けられたもので、両端のバーを掴んで前方にころころと転がして使います。使い方は強度の段階ごとに異なります。初心者はいわゆる「膝ころ」という膝を立ててアブローラーを前方に転がしていき、体を支えられるぎりぎりまで体を倒します。

その後腹筋を意識してローラーを引き戻していきます。この際に注意する点はローラーを腕の力だけで引き戻すのではなく、腹筋を意識して体を折り曲げるようにして状態を戻していくことです。これが腹筋に効きます。

この膝ころの目安は10回1セットを2、3セット出来るまでです。最初は1セット行うのがやっとだと思いますが、頑張ればすぐにクリアできます。次の段階は膝を付けずに行う「立ちころ」です。一気に難易度が上がりますので注意してください。

最初は前方に壁のようなものをストッパーとして行うのが良いでしょう。慣れてきたらフリーの立ちころを行います。全身をフラットになるまでアブローラーを転がすのが最終目標ですが、これはかなり困難ですので、我慢できるギリギリのところで行ってください。やり始めの頃は筋肉痛がハンパないはずですが、全身運動にもなり、体幹全体が鍛えられるので老若男女すべての人にお勧め出来る腹筋エクササイズです。